FC2ブログ

  C O L O R F U L     ...華流万歳!巨人軍万歳!なFalが国境と球団の壁を越えてとりあえず萌える部屋。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)|

 スプリング・フィーバー[自前]サウンドトラック

お正月休みのうちに張り切って連続POSTです。
これまたあれこれ忙しかった年末、無理やり時間を作って、
やっとこさ2回目の『スプリング・フィーバー』を見に行ってまいりました。
本来なら感想を先に書くべきなんだろうけど、華麗にあとまわし!(Twitterでひととおりつぶやいたし…)

で、



ということで、とりあえず現時点で私が探し当てられた挿入歌をまとめました。



『スプリング・フィーバー』が先日の第47回金馬奨(台湾アカデミー賞)で
最優秀オリジナル音楽賞を受賞したのは記憶に新しいことと思います。
音楽のペイマン・ヤザニアンの曲が素晴らしいのはもちろんのこと、
それ以外にも映画の随所に印象的な音楽が散りばめられていましたよね。

後で聴いたとき、それぞれの曲が流れていた場面が頭の中に蘇ってきて、
あの何とも言いがたい不思議な世界に引き戻されて、胸が締め付けられる思いがします。

映画を見て日が経ってしまった皆様も、これらの曲を聞いて、
忘れかけていたあの「何ともやるせなく春風に酔うような夜」の感覚の中に、
すこしだけ、帰ってみてください。


(→続きを読む をぽちっ)

まずは言わずと知れたこの方の曲。

1.「迷迭香」 周杰倫




江誠が女装してステージに経つあの場面ですね。



予告編で見たときはI●KOさんにしか見えませんでしたが、
映画で見てもやっぱりIK●Oさんでした(爆)
そしてあのトンデモな歌い方は演技なのか…?と当初は思ったものの、
カラオケシーンでもなんか微妙に怪しかったの(後述)ので、ただの音痴かもしれません。

今回はイントロでこの曲だとわかったからよかったけど、
もしイントロなしでいきなり歌い出していたら、杰倫迷でも何の曲かわからなかったかもww
昔から私のすきになる人って歌えない子が多いんです。ほら、ジ●ット・リーとか。




続いては、日本版の予告編にも使われているので皆さん印象に残っているであろう、こちらの曲☆

2.Chilly Cha Cha Jessica Jay




予告編で使われているのは1:00~あたりです☆


江誠に会いたくて寂しくなるたびに予告編を繰り返し見ていたこともあって(照)
気付いたら鼻歌で歌っているくらい頭に焼き付いていたのですが、
調べても調べてもなーっかなか曲名がわかりませんでした。
最終的にiPhoneアプリの「鼻歌検索」相手に何度も何度も鼻歌歌ってやっとのことで到達!
嬉しくてずっと永遠ループで聞いてます~♪テンションの上がる曲ですよね。
江誠のお部屋にお邪魔した気分になってちょっとドキドキしてしまいます゚+.(*ノェノ)゚+.
Falの中では「カラオケシーンのあの曲」の次に印象深い曲です★





続いてはこちら。どの場面の曲かおわかりでしょうか☆

3.香水有毒 胡楊林





そう、女装した江誠が、ゲイバーのステージ裏でうずくまって泣きじゃくる。
もう可愛くて可愛くて最高にぎゅうううううううう!したくなるあのシーンです。
あんな姿見せられたら女だろうが男だろうがぎゅっぎゅしないわけにいかんつうの!
そのあと部屋に戻る時には、いつものシュッとしてハンサムな江誠になっているところが
なにげに激萌ポイントでした…/// ふぬうううううう!!(悶)





4.は、金馬奨受賞、ペイマン・ヤザニアンが手がけたエンディング曲。
曲名はわかりません・・・





映画の最後に江誠が回想するのは、かつて自分のそばで王平が朗読していた「春風沈夜的夜晩」。


「こんなやるせなく春風に酔うような夜は、私はいつも明け方まで方々を歩き回るのだった」


婁が描こうとした郁達夫の「春風沈夜的夜晩」の空気感は確実に映画の中に流れていました。
ヤザニアンの書いたこのエンディングは、その感覚をさらに染み込ませるんですよね。


ぼんやりエンド・クレジットを眺めながら、色々思いを巡らせてみるけれど、答えは出ないまま。
映画館を出て放心状態で帰路に就き、「このまま明け方まで方々歩きまわりたい…」
なんて思いが浮かんでくるくらい私が映画の世界に入り込んじゃったのは、
「仕上げ」にこの曲があったせい。な、気がする。





そしてそして最後は、こちら。

5.那些花兒 朴樹





映画を見た方なら説明不要、3人の男女がカラオケでこの歌を歌うシーン。
もはや言わずと知れた名場面ですが、歌詞をわかって聞くと、さらに切ない。。。
このシーンについてここで語るにはちょっと整理がついてなさすぎなので、
いつかゆっくり語りたいなぁと思いますが。


ストーリーと関係ないところでね・・・

1度目の鑑賞時はこのシーンに完全に酔ってしまい、半ば夢心地でボーっとしていたけれど、
2度目は空で歌える状態で、3人と一緒に歌詞を口ずさみながら少し余裕を持って鑑賞。
それぞれがいったいどんな気持ちで歌っているのだろう・・・・とか考えながら歌っていたら、
最後に江誠が2番のAメロの最後を「好在总经拥有你们的春秋和冬夏~」と歌うべきところ
「好在总经拥有你们●△※◇■☆~」てなるもんだから、映画館の椅子から落ちそうになりましたw

何なんこの子wひょっとしてホンマに歌えへん子なんでっしゃろか・・・(´・ω・`)
ちょっと1回引きずりだして歌わせてみなければなりませんね。げへへ♪




ってな感じで、今のところFalが探し当てられたのは以上でございます☆
こちらでご紹介したものはYouTubeのプレイリストにまとめてあります。



もし他に映画の中で使用されていた曲をご存知の方がいらっしゃいましたら、
どうか教えてやってくださいませ・・・。
江誠ほどかわいらしくはないですが、シッポ振って喜びまする♪(*´ェ`*)

本当は3回目を観に行きたいところですが…無理だろうなぁ。
早くDVD&サントラが発売されることを願います!!
  1. 2011/01/03(月) 01:34:34|
  2. 春風沈酔的夜晩(Spring Fever)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4|
<<帰ってきました。 | ホーム | 海洋天堂が日本で見れる!>>


Comments

昨年暮れに身内に不幸がありました関係で年頭の御挨拶ご遠慮させていただいていますが、今年もどうぞよろしく遊んでやってくださいませ(笑)。


サウンドトラックまとめてくださってありがとうございます。
自分は『スプリング・フィーバー』では江誠よりもむしろ羅海濤、ていうか陳思成の童顔タラシっぷりに持ってかれてしまいまして(あのえくぼと泣き顔はあまりにも卑怯!)、“Chilly Cha Cha”はぜひとも音源欲しいなあと思ってたとこでした。たすかりました。
『パープル・バタフライ』でラストの殺し場に松島詩子を持ってくるセンスにも殺られましたが、この監督は音楽の選び方がうまいですよね。ていうか自分の感覚にすごくはまる選曲してくれるので気持ちが良いです。DVDはいずれ発売されると思うんですが、サントラはどうなんでしょね。ううむ。ぜひ出していただきたいところなんですけどね。
  1. 2011/01/03(月) 17:24:25 |
  2. URL |
  3. レッド #dTuPVub2
  4. [ 編集]

遅くなりました。

>レッドさん

こちらこそ新年のご挨拶をしておりませんで失礼致しました。
改めまして今年もよろしくお願いします♪

海濤は見事に子犬ちゃん顔してくれてましたね~。江誠はどちらかというとぬこ様でしたが。
あちらでは秦昊はほとんど無名で、陳思成のほうが人気俳優のようですね。
あと李静役の譚卓にもやられて髪型を真似してみました(←
彼らの他の作品も是非見てみたいです。

本当に音楽の使い方が効果的で、各場面の音楽が映像と共にすごく印象に残っています。
他にも気になる曲がたくさんあるので、是非サントラも出て欲しいですね。
日本で出なくとも台湾で出たり、しないでしょうかね・・・
  1. 2011/01/07(金) 22:37:25 |
  2. URL |
  3. Fal #-
  4. [ 編集]

サ、サントラ☆☆☆

Falさん
ヒーハーアイコン祭りでコメントして、ついこちらにも…
ジャン・チョン萌えの仲間がいなかった私には、もう、嬉しくて嬉しくて、つい夢中に…すいません。
「ローズマリー」や「those flowers 」は映画直後からヘビロテだったのですが、「香水有毒」は拾えなかったので、すっっごく嬉しい!!です!!
今では中宮極楽天(でしたっけ?お店のなまえ)からこの音楽が流れてくるところから、もううるうる、じわじわします。
ちなみに、ジャン・チョンの女装、うちの姉は「江角マキコに似ている」と言ってました。どう返したらいいのか…
ほんとに、帰宅時はいつものジャケットでシュッとしてるところ、同じく萌えまくりです。
そして、裸でハイタオの頭を抱えながら物思いの横顔のシュッとし具合が、なんだかちょっと尾崎豊のようです(あ、世代がバレる…)
それにしても、このサントラ、ほんとに嬉しいです!!ありがとうございます、Falさん。
あとは、社交ダンスの音楽が揃えば、コンプリートじゃないですか?
自宅前のイチャイチャ、おしりポン、アパート出たらあの音楽、ダンス…この流れのジャン・チョンがにこにこして最高にキュートで…一番幸せな場面ですよね。

ところで、Falさんがジェット・リー好きと知り、「まさか、もしや…」と思い、姉に「おねえ、Falさんて知ってる?」と聞いてみたら、なんと姉が『藍宇』の原作本を借りたお相手が、Falさんでした!!わあー、つながっている!って、びっくりでした。姉は、天照庵に以前よく出入りしていた(最近は忙しくて行ってないようですが)「miyu」です。あれ?「ミユ」ってカタカナ表記だったかな?
Falさん、めちゃくちゃ頭の回転がよくて面白い方だと聞きました。ブログを読んでいれば、それは十分わかります(笑)
  1. 2011/05/02(月) 07:03:33 |
  2. URL |
  3. kuma #0p.X0ixo
  4. [ 編集]

たいへん遅くなりました!その2

>kumaさん

サントラ喜んで頂けて嬉しいです^^
「香水有毒」は2回目見に行ったときにクレジットで確認しました。
DVDが発売されてその他の曲もゆっくりクレジットを確認できるので、
また改めてサントラ記事を書きたいと思います!!
あ、社交ダンスの曲は元々見つけていたのですが、この記事に入れるのをすっかり忘れていたんです!
それもまた改めて♪^^

で、で、で!!!
kumaさんがミユさんの妹だとはビックリしすぎて今でもドキドキします!(笑)
そうそう、ミユさんには『藍宇』の原作をお貸しして、
こちらのブログに感想コメントを頂いたのですよ~♪
http://funkypinkybabies.blog45.fc2.com/blog-entry-183.html#comment-top
お姉様も面白くて想像力豊かで文章もお上手ですが、
kumaさんもミユさんの妹さんということで、色々納得です^^
そんなお2人に私なんかのことをお褒め頂き、とってもちっちゃくなっております・・・///
  1. 2011/05/15(日) 22:59:24 |
  2. URL |
  3. Fal #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://funkypinkybabies.blog45.fc2.com/tb.php/231-442e3cc9
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。